JZR
Play! Play! Play!


内部から見たこともないような物体が現れる。オイルが物質変化したというのではなく、粘土状の物質に覆われてました。臭いもオイルじゃないし・・・

全部ばらして洗浄しないと

いったいなんだこりゃ

頼んでいたローターのアダプターとシャフトスペーサーがきました。やっぱできがいい

サイズもぴったし

シリンダーヘッド周りの状況

長年、置物になっていたらしいので程度は???

まあいいや、時間をかけきれいにしましょうか

ぐたぐたいわないで、洗浄、洗浄

ほんとにもう

プロの仕事はいいですね。アダプターとスイングアームかな、プロ頼んだのは。
ぬるっと入りました。いい精度です

ボルトもステンに交換。やるきまんまんの出来です

ブレーキホースもメッシュに交換。そりゃあたりまえですね、ここまでくると

アップでもかっこいい

今度は永年の問題だった「シフトリンケージ逆向き化」。初めて乗る人が絶対間違えるから。絶対おかしい部分のひとつ(もっとあるけど)

以前はただのボルトからベアリングホルダーに交換。ベースも強化して、シフトシャフトを曲げてベアリングを上部に移動、これで「逆向き化成功」

自前でウェットブラスターを製作。なんてことないけど高圧洗浄器に「ピカール」と水を40:1で創った洗浄液をつくり、液が再利用できるように透明の押入れボックスの大きいのを利用。横に穴を開け噴射

臭いがすごいけどここまできれいに。業者に頼むとエンジン一機、7万だって。サンドブラストは古いエンジンにはきつい。削れてしまうから。よっぽど汚れてなければ自前ウェットブラストで十分

ルマン特有のピストンヘッド形状。これで圧縮比が高い訳ですね。でも思ったより突起してない?

こちらも洗浄