JZR
Play! Play! Play!


マフラーをワンオフで創ることになりました。やはり、プロに任せないとだめですね、これは。

エキゾーストのフランジをアルミ無垢棒から削りだします。

注文の内容はトルクをあまり犠牲にせず、抜けを良くするです。

材質はチタンを頼んじゃいました。ちょっと、頭の中が飛んじゃいましたね。

もともと、32パイのステンレス・ストレートパイプで抜けが悪かったのです。

また、850Tとルマンのではフランジ径があわず、廃棄漏れがありました。

また、以前のマフラーはSR400用で音がね・・・抜けも悪かったし、ぜんぜんだめでした。

以前は5800回転ぐらいから、モーだめって感じでぜんぜん回らず、今回は期待です。

やはり、時間をかけ(金をかけ?)プロに頼むときちっとできますね。

いいですね〜、きっちりしてます。

スコットはいる感じがたまりません。

新品のフランコーニLemans1000用が手に入りました。

しかし、これがまた非常に重い。

しっかりボディーに取り付けないと振動でチタンマフラーが割れてしまいます。

JZRのボディーも弱いので補強してサポートを創ります。

ごつい感じですが、結構いいです。乗っても大丈夫。